テーマ:FP

損失額

大手の金融機関が、例のサブプライム問題で 損失額を公表しているのだけれど すごい金額なのですね。 メリルリンチが約9000億円 シティバンクが、約1兆2000億円から 約1兆3000億円 一説によると損失額を公表しないリスクの方が 公表するリスクよりも大きいので公表している らしいのですが、じゃ、公表できない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PBR今年最低

19日、東京証券取引所第一部の株価純資産倍率は 1.6倍と今年最低になった。 PBRとは株価が企業の解散価値に相当する 一株純資産の何倍まで買われているかを示す値。 東証第一部では7月まで1.9倍前後だったが、 8月以降の株安で急低下。東証第二部では 0.99倍と一倍を下回った。一倍割れは、 会社を解散し、株主に分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天候デリバティブ

リスクマネジメントは金融、経営、労働、安全、環境といった 分野で活発な活動が行われています。 定義は各分野で少しずつ違いますが概ね、不確実性と損害が キーポイントとなっています。 天候デリバティブの歴史は、1997年に総合エネルギー会社である エンロンとKochの間で、冬季の気温を対象にした取引が成立したことから始まっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

B to B

技術の進歩は既存の概念から、より新しいシステムへの構築を 可能にしてきました。 特にサイバー上におけるネットワークや 商取引は従来の多段階にわたる流通機構の概念を打ち破り 独自のサイバー経済を生み出そうとしています。 今回、近年話題となっているB to Bにおける e-MarketPlaceについての覚書です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原油価格は100ドルに

原油に代わる代替物を探さなければ----となると電気自動車が市場に出回るのはいつ頃なのだろう。 キーワード:SPR(戦略的石油備蓄:Strategic Petroleum Reserves) 和歌山社会経済研究所は原油に詳しかった。 原油ニュース http://www.bloomberg.com/apps/news?…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

グローカル

今日のキーワード。ひとつめはグローカル。 外と中を同時に見る時に使う言葉で、グローバルとローカルを合成した造語。片方の目で世界(グローバル)を見て、片方の目で日本(ローカル)を見るという事らしく、日本の市場も押さえつつ、世界も見ましょうというもののようです。 二つめはG7。 先進7ヶ国蔵相・中央銀行総裁会議を指し、日本、米…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の覚え書

さて、今日も色々と有りました。情報は次から次へとやって来ます。 ホンダが開発「やわらか燃料電池車」PUYO(プヨ)、 人に優しい柔らか素材 ホンダ“ぷよ” 「やわらか戦車」 大学発バイオベンチャー経営厳しく 大学発ベンチャー企業の経営が厳しさを増している。日本経済新聞社が9日まとめた大学発VB調査では回答企業の55%が2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ETF

先頃、大証で上場された金価格連動型上場投資信託ですが、今度は金など現物商品で運用する投信が東証で解禁される予定。 http://www.business-i.jp/news/kinyu-page/news/200708280034a.nwc 今までの投資信託は有価証券以外に運用することができませんでしたが、先頃大証に上場され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々のセミナー

この間の日曜日、久々に金融セミナーへ出かけました。そこで"Fly to Quality"を学んで来ました。セミナーの概要は以下の通リです。 サブプライム問題はかつて1990年代に日本で行われた現象と同じような症状である。バブル期、不動産価格の上昇を見込んだ投資にサブプライムローンが使われただけであるから、短期の低金利でよかった。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流石

流石に大学の先生というのは、伊達に研究はしてはいないのですね。 私自身、経済という分野は専門的に学んだ事はないのですが、確かに重要です。数理は確かに実質的で証明出来ればこんなに優れたデーターは無いと思います。 今回、本当にあてにならないと思ったのは信用格付けです。 海外へ投資するも、企業の基準を決めるのも一般的にこの信用格付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

証券化ローン(フラット35)

私が結婚をして初めて家を購入したのは私が27歳の時でした。当時ローンの返済は住宅金融公庫と銀行からの融資で固定金利、2段階方式(金利が途中で変更するもの。ただし11年目とか長期のもの)保証料、融資手数料など沢山の書類と共に申し込みを行った記憶があります。 現在住宅金融公庫は廃止になり、平成19年4月1日、独立行政法人住宅金融支…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

6701(NEC株)

一時¥1,000-までの値を付けていた NEC株もこの頃¥570-辺りを行ったり来たりと冴えません。 昨年12月には 日本~ロシア間の光海底ケーブルプロジェクトを一括受注など海底ケーブル市場では業界トップクラスの実力を見せる等、同社への期待感は大きい。 http://www.japancorp.net/japan/article…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

売らない経営

「社員をサーフィンに行かせよう」等、 様々な環境保護活動に協賛している企業パタゴニアが近頃注目を集めています。 パタゴニアの創業者であるヴォン・シュイナードは自社の製品は豊かな自然環境があってこそのものであるという思想から、自然保護活動に力を入れており、売り上げの1%以上を地球環境保護活動を行っているNGO団体に寄付している他…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨蛙

台風が去ったと思ったら、またまた大地震。 何処に住んでいても不安が募る今日この頃です。梅雨はまだまだ続きそうです。   私も相変わらず過酷な人生を送っておりますが、、、って人が思う程真面目じゃないので救われているかも知れません。(笑) しかし、いくら私がいい加減だと言っても社保庁ほどじゃありませんけどね。 そこへ行くと国内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

防衛策

M&Aの防衛策って色々とあるのでしょうが、よく言われているものを挙げてみました。 (1)新株発行ないし新株予約権の発行を登録する、 (2)あらかじめ新株予約権を既存の株主に与えておく(買収者の予約権は無効になる条件。「ライツプラン」といわれるもの)、 (3)議決権を集中させた株式(「黄金株」という言葉もある)や議決権の無い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恋愛ア-ビトラージ

連休前半は快晴の爽やかな日々でした。後半は少し天候が崩れるようですが、頑張って気分転換しようではありませか~。 さて、アクティブな人でなければ永遠にリスクが付きまとうのでしょうが、もとより私は数理ファイナンスは苦手なので、そこはもう経験則や相場観で、って後半2つもあまり持っていませんけど(笑) 当面は PBR=PERxROE…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

商品分類

投資信託の分類はさまざまで なかなか分かりにくいところがありますが、投資信託協会では今後より分かりやすいように分類の見直しを予定しているとの事です。 現行の分類では大まかに株式と公社債に分けられています。更に単位型か追加型に分けられ株式で単位型ならファミリーファンド、ユニットで株式型や国債型 というように細分化されて行きます。しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リバースモゲージ

ついこの間 公示地価の上昇が16年ぶりに広がりを見せ東京、大阪だけでなく、札幌や福岡でも20%を超える上昇率を示す地点もあった。との事でしたね。 景気回復と まだまだの低金利下で この先不動産市場への資金流入が増加して来るのでしょうか。 ただ今回の上昇はバブル期の価格価値と違って収益性が基準になっているようなので 人口の少ない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more