生物多様性、失われた場合 経済損失最大4兆5000億ドル

生物多様性と温暖化は密接に関連しているとされるが、生産地
の土地の拡大による土地改変も生物多様性に悪影響を及ぼす。
しかし、現状における生態系の把握が困難なため定量的評価
指標などの作成が難しいとされている。国内初となる富士通
の「生物多様性統合指標」は「土地利用/貢献」「社会への貢献」
という企業活動全体による影響と貢献度について評価することを
メインとしている

ー国連環境計画(UNEP)は様々な動植物が地球に存在する生物
多様性が失われた場合の経済的な損失を試算した報告書を
まとめた。熱帯雨林や湿地などの破壊が、農作物の減少や水
の浄化作用低下などを引き起こし、全世界で年間2兆円~4兆
5千億ドルの経済損失が出ていると指摘。多様性の保護などが
急務だとした。

UNEPは10月に名古屋市で開く生物多様性条約第10回締約
国会議(COP10)で公表し、世界各国に対策を訴える考えだ。

報告書は「生態系と生物多様性の経済学(TEEB)」。2007
年の主要国首脳会議(G8)環境相会合で、生物多様性の
価値を経済的に明らかにし、対策の必要性を世界各国に理解
してもらう狙いで作成。研究リーダーはドイツ銀行幹部を
歴任したパバン・スクデフ博士が務める。

報告書では森林の伐採で新鮮な水の提供や炭素の貯蓄、医薬
品などの原料となる遺伝資源の減少などを通じ、年2兆円~
4兆5千億ドルの経済損失が続いていると指摘した。最大で
世界の国内総生産(GDP)の約8%に相当する規模が失われ
ることになる。

例えば熱帯雨林は平均で1ヘクタール当たり6120ドルの価値
があり、内訳は1、食料が75 ドル。2、遺伝子源が483ドル
。3、気候の調節が1965ドル。4、水流の調節が1360ドル
ーーなどで、森林伐採によりこれらの価値が失われる。

またタイなどでマングローブを切り開いてエビ養殖をした
場合の経済価値の検証。エビの養殖から得られる利益は政府
の補助金を除くと1ヘクタール当たり1220ドルに対し、火災
防止などマングローブの持つ価値は同1万821ドル。伐採し
たマングローブを回復させるには同9318ドルかかる。

費用対効果の観点から、マングローブを保全することが有効
と結論づけた。報告書は制作者に対し保護区などを設定した
場合に新たに生み出す経済価値も試算した。世界の保護区は
陸が13.9%、領海の5.9%、外洋の0.5%が指定され、保護区
の自然を世界の人口の6分の1の人が活用している。

自然の保護に年450億ドルを投資すれば、飲料水の提供や
災害防止などで年5兆円の価値が生まれるとした。

国連の生物多様性事務局は世界が02年に決めた「10年まで
に生物多様性の損失速度を著しく減少させる」との目標は
達成できなかったと評価した。COP10では20年までを対象
とする生態保全の時期目標を決めるが、TEEBをもとに、
意義ある目標で合意できるかが焦点となる。ー
(参考:日本経済新聞2010/8/30)

【熱帯雨林と珊瑚礁の経済価値】
熱帯雨林  経済価値
食料....................75
水.....................143
材木..................431
遺伝子源...........483
気候調節........1,965
水流の調節.....1,360
観光など............381
その他............1,282
合計...............6,120

珊瑚礁        経済価値
魚の生息場所......................470
装飾品の原料......................264
津波などの影響緩和.......25,200
観光資源.......................79,099
その他...........................10,671
合計 115,704     
(出所)生態系と生物多様性の経済学(TEEB)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック