天下り

小泉さんの郵政民営化には 公務員、特定郵便局等の既得権、選挙の票田等 癒着談合とさまざまな賄賂の温床を断ち切り、風通しの良い社会を作る事であります。(多分)

それはそれでとっても良い事ですよね。 特に天下りなんてものは 移動する度に退職金だの年金だのって 特権が特権を生んで 税額控除から住まいまで優遇されています。 そもそもこの天下りという言葉、「神が天から地上に降りて来る事」を言うらしく、
天下る人は一体どんだけ偉いの?という話です。 その人自身も自分が神くらいに思ってしまってるんでしょうかね。

研究者や官僚の中には実生活に本当に役に立っている人達もいます。だからこそ我々の税金で研究したり管理をしたりする事が確かに有りがたいと思うものです。 そういった人達には民間に移ってもその知識を役立てて頂きたい、と思ったりするでしょう。  しかし、今の政治家とか研究者の人達の言動などを聞いていると、何処かズレていて思い上がりを感じずにはいられませんよね。 

本当に能力の有る人には天下りなんていう他力本願はいらないと思います。

最近、TVのスーパードクターという番組によく出演される福島孝徳先生
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E5%AD%9D%E5%BE%B3
という方がいらっしゃいますが、こういう人こそ神の領域にいらっしゃるような人で、その知識と技術を万人の為に使っておられる姿は本当に尊敬に値しますよね。
こういう方には天下りの概念は無いでしょうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック