マスク

先日の特需マスク、どれだけ巷でマスクをしている人がいるか と電車に乗ってみたけれど、マスクをしているのは私だけ、、 、、、、みたいな。。。。 私も通学があるため、外出しなければなりません。昨日も電車 に乗りましたが、マスクをしているのは車内で各車両で私だけ 。。。 え~っ?じゃ、あの特需マスクは一体何よ~。 いや、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

中国の強制認証制度

中国で製品の安全を確保するために実施される独自の強制 認証制度だという。 英語名「Chaina Compulsory Certification」の頭文字を とって通常は「CCC」の略称で呼ばれている。中国の世界 貿易機関(WTO)加盟に伴い、それまで存在していた2つの 制度を統合。2002年5月から実施されている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特需

町の薬局からマスクが消える。。。。。今日、私も漏れなく マスクを買いに行った。豚インフルエンザ用と書いてある マスク売り場の棚が空っぽ、2件目も3件目も、、、。 マスクを製造するユニチャームやタミフル製造の中外製薬 の株が上がりっぱなしらしい。。。。 特需だ、特需、朝鮮戦争以来だ、と心の中で呟いちまった!! (そんな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「裸で何が悪い」Tシャツ

某所が実施したアンケートによると「草なぎ剛容疑者は活動を自粛 すべきだと思いますか」アンケートで、回答者の7割が「思わない」 と回答している。さらに、日本の『Club T』というTシャツ 専門販売業者が「裸で何が悪い」のロゴが入ったTシャツを販売。 飛ぶように売れているとか。 Tシャツに関しては「いいじゃない、面白い!!」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インフルエンザ

金融危機に介護問題、鬱病に感染症と毎日毎日 次から次へと生き抜いて行くことへの困難な問題 が押し寄せて来ます。花粉症もようやく治まり マスクも取れたと思っていたのに外出時はやっぱり マスクが外せない。。。 【感染症診断の原則】から症状を確認しておかなければ。。。 ■豚インフルエンザとは? 豚インフルエンザは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会変革型NPO公開講演

地域開発のための新たな資金循環の仕組み -米国タイズ財団の挑戦-立教学院創立135年記念 公開講演 2009年5月30日(土) タイズ財団(1976年サンフランシスコで設立)は、様々な個人、 家族、機関から小規模な資金を集め、寄付者の意向に沿って助成 事業を展開する基金(DAF,DonorAdvisedFund)で成り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンビニ「車の充電拠点に」

やっぱり電気自動車ほしいな~。これも日本版グリーン・ニューディ ールの一貫なんでしょうね。経産省研究会の社会貢献です。  コンビニエンスストアに電気自動車の充電スタンドを整備すれば、 電気自動車普及に弾みがつく――。有識者やコンビニ大手などで 構成する経済産業省の研究会が、コンビニ業界が連携して取り組む べき社会貢献策を報…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自殺基金

毎日びっくりするニュースが多いのでくストレスを知らず 知らずのうちに感じている今日この頃。年間の自殺者が 11年連続で3万人を超える世の中になっちゃいました。 政府は、地域の実情にあわせた自殺対策が重要だとして、 都道府県ごとに基金を設けたようです。 去年1年間に自殺した人は、全国で3万2000人余りに上り、 平成10年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

税率6%分不足

りゃそうでしょう。足りなくなるに決まってるよね。年貢米の 取り立てはさらに厳しくなるのでしょうか。その分給料を上げて と言いたくなりますよね 財務省は21日、国の社会保障経費をすべて消費税でまかなうと仮定 すると、2009年度予算では税率6%分の財源が不足しているとの試 算をまとめた。税制抜本改革までの道筋を示す政…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリーン・ニューディール効果

地域雇用創出で環境省が総額550億円の基金を発表し、 「日本版グリーン・ニューディール構想」が始まった。 世界で一番環境問題に無関心だと言われていた米国と中国。 しかしオバマ政権になってからは向こう十年で環境超大国 になるかも知れない、という噂だ・・・日本もこうしちゃ いられない? 世界同時不況対策としてグリーン・ニュー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

贈与税610万

税制改正があるのかないのかはっきりとしない贈与税。経済対策 か選挙対策か分からないが、贈与税や相続税の減税が続けばかな り日本の体質は変わるはず。さて、610万の内容はどんなもの? 従来の贈与税は1月1日から12月31日までの1年間に、110万円ま での贈与を受けても税金がかからないというもの。それを超え ると、超えた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

在宅コールセンター1万人登録

NTTが労働力の受け皿に「在宅コールセンター」事業を5月がら始め る。仕事ってその場に行かなければできない職種もあるけれど、在宅 コールセンターとはどんなものなのでしょうね。 NTTグループが出資するIT(情報技術)ベンチャーとNTT東日本子 会社のコールセンター大手は今夏にも、自宅の電話で消費者からの 問い合わせに応じる…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

NPO村への出展

愛・地球博の跡地で開催される、3万人が集う愛知発、 日本初のファンドレイジング・イベントに参加しませんか?   愛フェス開催委員会では、本年9月4日(金)から6日(日)、 愛・地球博記念公園(愛称:モリコロパーク)で開催される、 第1回[愛フェス’09]会場に設置される「NPO村」に出展する NPOの募集を開始いたし…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

株高の陰にみえる・・・

政府のばら撒きでこの一か月26%も上昇中の日経平均株価。 嬉しい反面、しかしこのまま喜んではいけない 先日(9日)に発表された三井住友フィナンシャルグループ の8000億円の公募増資。「グローバルプレーヤーにふさわし い財務体質の早期実現が目的」と同社は言う。しかし、同時 に前三月期の最終損益を従来予想に比べて5700…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変わる会計

2010年三月期末の決算から賃貸不動産の時価を開示する新しい 会計ルールが導入される。 不動産価格は従来の会計ルールでは取得価格に基づく原価を開示 するだけで済んだ。だが今期末からは将来の賃料を基に計算した 価値などを時価として開示する必要がある。 飯野海運が保有する土地・建物の総額は原価ベースで約五百二十 億円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消費者庁発足

国民目線と消費者の声に真摯に耳を傾け、丁寧に対応していく、とい う消費者庁が年内にも発足 衆院消費者問題特別委員会は14日、消費者行政を一元化する消費 者庁設置関連法案の修正協議を行い、与党・民主党の歩み寄りで 最終合意に達した。同法案は16日の委員会で採決され全会一致で 可決、17日に衆院を通過、参院に送られることに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

農業の温暖化削減支援

農林水産省は光熱費を減らしたい農家と温暖化ガスの排出枠が 欲しい企業の仲介センターを設ける検討に入った。(日本経済新聞) ビニールハウスの暖房で野菜を作る時に出る温暖化ガスなどを減ら す狙い。センターが農家を企業に紹介し、企業は省エネ機器の導入 などで農家を支援、排出枠を得られるようにする。 年度内の設置を目指しており…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

八重桜

学生生活もいよいよ二年目を迎え、学内の桜もいつしか八重桜に変 わり、学内は新歓活動もひと段落し、やっと静かに、、 健康診断も終り、シラバス配布も終り、今年から履修登録はWeb上 で可能となり、色々と新学期のイベントも過ぎて、ようやく今週から 授業が始まります。すでに昨年一年で単位を全てとった人もいるよ うですが、私は必修が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

返金キャンペーン

1人勝ちのマクドナルド、100円のハンバーガーだって安いと 思っていたら、今度は100円を返金してくれるって?、、、 -日本マクドナルドは16日から27日までの期間限定で、午後5時 以降に「バリューセット」と単品のハンバーガー類1つを一緒 に購入した人を対象に100円をその場で返金するキャンペーン を実施する。割引クー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FreqtricProject(タッチ反応電子楽器)

首都大学東京システムデザイン学部が開発した電子楽器が面白 い。相手の身体に触ると音が出る。 丸い輪の形で、取っ手の部分が電極になっており、相手に タッチすると色々な音を出す新しいタイプの電子楽器。 今のところ6音音階でメロディを楽しむことができるが、今後 遊べる人数を増やすことで音階や音色の種類を増やすことが できるとの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more