近畿ソーシャルビジネスフォーラム2009

基調講演、パネルディスカッション、今回は~日本でいちばん大切 にしたい会社~日本理化学工業株式会社  ソーシャルビジネスに ついてのお話です。 ◆ プログラム  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 【第1部】 ●基調講演「地域社会の人々から愛されるソーシャル ビジネスとは」 日本理化学工業株式会社 会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

利他的経済

「Business For Others=利他的経済」バングラディシュの グラミン銀行総裁ムハマド・ユヌス氏の言葉として最近あちら こちらで聞かれるようになった。このムハマド・ユヌス氏とは こんな人。。。 1940年に英国統治下のバングラディッシュ南部チッタゴンに生 まれ、小さな宝石商を営む父親と、貧しい人々に優しかった母…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気になる変額保険

変額年金の運用で多額の損失を出し、その穴埋費用が嵩み、 基礎利益が大幅に下がってしまった大手生命保険会社。 中でも落ち込みが目立つのが住友生命と三井生命である。住友 生命は1638億円の責任準備金を積み立て、三井生命は529億円を 変額年金にかかわる最低保証に積み増しした。 変額年金は2002年10月から銀行での窓口販…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安心社会へ3段階

29日政府の経済財政諮問会議において、国民の生活不安を取り除く 「安心社会」を実現するための三段階改革が必要との提言が民間 議員から出された。いったいその、三段階改革って何? 提言では11年度までの安心社会の設計期を「安心再構築フェーズ」 と定義。消費税率の引き上げを見据えて、増税によって受けられる 社会保障サービスの具体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大手4生保、法人税ゼロに

内部留保の取り崩しにより取り敢えず黒字となった大手生命 保険会社だがこれで税金取られたら収益なんかないですよ、 というお話です。 4社の2009年3月期の法人税納税額がゼロになる見通しとなっ た。内部留保の取り崩しで最終損益の黒字は確保するものの 、法人税の課税対象である実質的な収益が赤字となるためだ。 日本生命…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮問題視界不良

なんとしても米国を直接対話に引き出したい、今回の実験 で北朝鮮の核技術が向上したのか、国連安保理決議に反す るとして更なる制裁が加えられるのか北朝鮮問題の危機は 先が読めない視界不良の領域に入ってきた。 Q 北朝鮮が核実験を実施した理由は。 A 北が開発している可能性が高いのは、原子炉の使用済み 核燃料を再処理し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京平和映画祭

6月12日(金)~14日(日)に開かれる今年の東京平和映画祭。 今年はとくに、“平和や環境、社会とお金とのつながり”を わかりやすく読み解きます! 明日からの生き方を考えるためのヒント満載。安い参加費で 秀作10本が見られ、田中優氏やベンジャミン・フルフォード氏 など人気講演者のトークも聞けるとってもお得な企画です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教授の教え子

先生という職業は聖職と言われるだけに、いつの時代も大変 な重たい職業ですね。 中央大学の理工学部教授が刺殺された事件で先日犯人が捕ま った。当初から大学関係者とみられており犯人は元教え子で あったことが分かった。動機はまだ明かされていないが、そ の犯行が執拗な方法であることから恨みをもった者の行動で あり、強い殺意のあっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京にも発症

感染の広がりが止まらないインフルエンザだが、ついに 関東にもやってきた。 しかし、それらは国内発症ではなく渡航歴のある人たち ばかりだ。こんなんに騒がれている最中にどうして米国へ 行くかなぁ、、、と思ってしまう。 特に某S足学園の高校生の渡米はどうなの?と首をかしげて しまう。他県では修学旅行を出発時に集合駅で取り止…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裁判員制度

いよいよ裁判員制度がスタートする。企業の多くも裁判に 参加する社員に特別休暇を与える準備をしている。しかし、 介護や育児で止むを得ない事情の人の辞退も認められている 日立製作所や三越伊勢丹ホールディングス傘下の三越は 従来の公務休暇制度を裁判員になった場合も使えるように する。キャノンは裁判所に出向く三週間前までに所属長に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

濃厚接触者2900人

何処から感染したかよく分からない新型インフルエンザ ですが、国内感染者57人への調査で濃厚接触者が2900人 いることが分かった。 新型インフルエンザの感染者増加を受け、対策の国内シ フトが進んでいる。19日朝のJR大阪駅前は、新型インフ ルエンザの影響を受けて、マスク姿で通勤する人が目立 った。 通勤する人は「きょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特需マスク、その2

「町からマスクが無くなった」と先日お伝えしましたが、 今回はさらに前回の上をいっていました。こんな光景を わたしゃ見たことがありません。 神戸、大阪で思いもよらぬ感染劇でようやく電車の中でもマス クをかけている人が目立ち始めました。私自身も以前まとめて 買ったマスクが無くなり補充しようと買いに行ったところ、薬 店を覗いて…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

エコポイント

エコポイント制度が始まった。家電製品は古いものより 新製品のほうが電気代がずっと安い。エコポイントが 付くなら尚更良い。でも、ポイントはすぐにもらえない らしい。 15日から省エネルギー家電製品を買うと「エコポイント」 がもらえる。ためたポイントは省エネ製品やサービスに 交換できるのは8月ごろの見通しで、制度の詳細は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界最速CPU

「インテル入ってる」 の賢いCPUだったが、先ごろ富士通が 世界最速CPUの試作品を公開した。やりました!! 富士通は13日、一秒間に1280億回の計算ができる世界 最速のCPU(中央演算処理装置)を開発し試作品を公開 した。日本メーカー製の世界最速達成は1999年に同社 が開発したCPU以来10年ぶり。 次世代スー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一騎打ち

思いがけず(?)小沢氏の辞任により鳩山氏と 岡田氏の一騎討ちになりました。 某所日経からどちらになると思いますか?という アンケートを頂きましたが、う~ん、よく分からない ですねぇ。”安心安全の国造り、、、未来に希望の 持てる社会、、、、”確かにねぇ。。。岡田氏の マニュフェストですか。 鳩山氏だと年齢的に安定して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

潜伏期間

米疾病対策センター(CDC)は豚インフルエンザから 変異した新型インフルエンザに感染した米国内の患者 642人の症状を分析した このほど米医学紙ニューイングランド・ジャーナル・ オブ・メディシンに分析した結果を発表した。 下痢や嘔吐を訴える患者が多いことや、潜伏期間が 通常の季節性インフルより長いなど、いくつかの…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

予測

予測という言葉からは行動経済学の「予言の自己成就」を思い 浮かべる方も多いと思います。この「予言の成就」という考 え方を最初に思いついた経済学者のロバート・マートンという 人は、、、 「ミリングヴィル氏の銀行」という想像上の例を使って、 その劇的な効果を説明しています。個人が自己の予測や願 望に沿うような行動をとった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忌野清志郎

RCサクセションで歌う清志郎はカッコ良かった。 みんなが「あっ」という事を歌にして歌ってきた。 清志郎の歌が聞こえていたからずっと安心してきた。 あの声とあのメロディとあのスタイルで皆はいつ も「バッテリーはビンビンだった」はずだ。 私も青山へ行きたかった。。。でも、なんで手術し なかったのかなぁ、、とか思ったり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

選挙と若者

GWも終わり、皆さんは無事帰還されたでしょうか。景気 対策が功を奏したようで、高速道路の利用や旅行者がか なり多かったようです。インフルエンザもまだまだ蔓延 しそうですし、特に若者を中心に感染が広がっていると いうから大変です。今日は、そんな若者について、世代 間の不公平が問題になっているというお話です。 GWの後は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GW(ゴールデンウィーク)

今年の大型連休は最大で16日間のお休みを取る方も いらっしゃるようですね。私はなんとか後半の連休 にお休みが取れそうです。ということで、5月7日ま でお休みさせて頂きます。皆さんも気を付けて連休を 楽しんでくださいね。(5/8の更新を目指しますが出来な かったらゴメンナサイ。) 【前代未聞!今回1回限り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more