公開講演

立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科の
公開講演会のご案内です。ご興味のある方はどうぞいらしてください。
http://www.rikkyo.ac.jp/sindaigakuin/sd/


バングラデシュ ビジョン2021における政治・経済と医療の新動向
日時 2009年7月6日(月) 16:00~18:00
場所 池袋キャンパス 11号館A203号室
講師
■ハルン・オル・ラシッド氏(ダッカ大学教授)
ダッカ大学政治学部教授。専門は政治過程論。軍事、言語、民俗
、宗教、政党、行政といった多様な層からバングラデシュの政治を
研究するとともに、バングラ・アジア学会における編集活動や事務
局にも数多く携わってきた。1983~1985年までバングラデシュの
チッタゴン大学において、1995年より現在に至るまでダッカ大学に
おいて教鞭をとる。主要な著作は『バングラデシュの夜明け:バング
ラ=ムスリム同盟とムスリム政治1906-1947』、『ベンガル政治の
内側1936-47年』など。

■アブル・バシャール・モハマド・ファルク氏(ダッカ大学教授)
ダッカ大学薬学部教授。薬品の品質管理について研究してきたが、
現在は薬品をめぐる多様な問題に取り組んでいる。一方で、保健・
衛生問題には教育に加え貧困層の経済的向上が必要であると考
え、これら両方面からの解決策について研究・実践活動を行ってい
る。自らもNGOを主宰する。主な著作は『Purity Poisoned』2007年、
『Drug Industries of Bangladesh: Challenge
for the Next Decade』2002年など。

内容:
今日、バングラデシュは、インドに続く経済発展の可能性を秘めた南
アジアの国として注目されつつある。独立以降、政治システムの不
安定さ、災害と社会的インフラの脆弱さによって経済的停滞と貧困
状況を抜け出せないままできた。
しかし、2008年12月の総選挙を経て、軍政から民政への移行が可
能になり、平和裏に民主化のスタートができた。また、この数年、
外国投資も順調に拡大しつつある。総選挙後のバングラデシュの
政治・経済の新動向について検証するとともに、今後の問題点に
ついて語り合ってもらう。

司会:笠原清志(21世紀社会デザイン研究科・経営学部教授)
対象者:本学学生、教職員、校友、一般
受講:無料、申込不要
通訳:逐次通訳あり
通訳者:ナシル・ウッディン・ジョマダル(21世紀社会デザイン研究科
特任教授)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック