社会変革型NPO公開講演

地域開発のための新たな資金循環の仕組み
-米国タイズ財団の挑戦-立教学院創立135年記念
公開講演 2009年5月30日(土)


タイズ財団(1976年サンフランシスコで設立)は、様々な個人、
家族、機関から小規模な資金を集め、寄付者の意向に沿って助成
事業を展開する基金(DAF,DonorAdvisedFund)で成り立つ先駆的
な「コミュニティ財団」である。新しい試みにリスクを覚悟で
次々と新種の事業に取り組み、DAFや共同事務所施設、そして
NPOマネジメント支援組織(タイズ・センター)、さらにはオンラ
イン寄付などのインフラつくり、積極的にNPO支援事業を行ってい
る。最近では、「アメリカ発のNPO所有の証券会社」事業にも乗り
出し、NPOの資金づくりの新しい実験を行っている。資金、場所
、マネジメントの側面から総合的なNPO資金モデルをつくりあげた
米国でもまれに見る同財団のユニークな挑戦は、今後の日本の
NPO支援のあり方を考えていくための刺激的な好機となろう。

講師:ドランモンド・パイク氏(タイズ財団CEO)
    岡部一明氏(愛知東邦大学教授)
コメンテーター:黒田かをり氏(CSOネットワーク共同事業責任者)
コーディネーター:渡辺 元(立教大学大学院21世紀社会デザイン
研究科教授)/トヨタ財団プログラム・ディレクター)

対象:立教大学学生、教職員、校友、一般市民
お問合せ:立教大学独立研究科事務室
03-3985-4530
受講無料、申込不要、

2009年5月30日(土)14:00~17:00
立教大学池袋キャンパス7号館7102教室

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック