最安値7162円 26年ぶり水準

いや~もう、何も言えねぇ。号外まで出ちゃいました。


週明け27日の東京株式市場は、世界景気の悪化懸念と
円高の進行を受け、日経平均株価が4営業日続落し、一
時、前週末終値比507円81銭安の7141円27銭
まで下落した。終値は同486円18銭安の7162円
90銭。03年4月28日につけたバブル経済崩壊後の
最安値(7607円88銭)を約5年半ぶりに更新し、
82年10月7日(7114円64銭)以来約26年ぶ
りの安値水準にまで急落した。

 TOPIX(東証株価指数)も4日続落し、
同59.65ポイント安の746.46で取引を終え、
03年3月11日につけたバブル後の最安値
(770.62)を更新し、84年1月7日以来の安値
水準となった。東証1部の出来高は30億9500万株


 27日午前の取引では、政府の緊急市場安定化策への
期待や急激な円高の一服感などから、日経平均は一時、
同200円超まで上がる場面もあった。だが、「株安の
根本解決にはならない」(外資系証券)との見方が強ま
ったことや、為替相場が円高方向に振れたこと、アジア
株が下落したことから、再び下げ幅を拡大。東証1部
1733銘柄中698銘柄が年初来安値を更新した。

 三菱UFJフィナンシャル・グループなど大手3行は、
増資を検討していると伝えられたことが嫌気され、値幅
制限の下限(ストップ安)で取引を終えた。トヨタ自動
車は約5年5カ月ぶりに終値で3000円、野村ホール
ディングスは約9年8カ月ぶりに1000円を割り込ん
だ。世界景気の後退懸念が強まったことで日本経済をけ
ん引してきた輸出関連株が売られたことから、日本株の
下落率は、欧米株より大きくなっている。

http://mainichi.jp/select/biz/news/20081027k0000e020072000c.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック