アウトソーシング

最近、グローバル化やコスト削減などで国内で製造す
るよりも低価格の生産が可能になるということで多く
の企業がアウトソーシングを行っています。


冷凍加工食品もこのアウトソーシングにより中国の工
場に製造を依頼し輸入という形で我々の食卓に上りま
す。
地産地消を行うのが一番安全なのですが、日本企業は
「日本人のエンジニアをひとり雇うお金で中国人三人
を雇い、そのお釣りでコールセンターのオペレーター
を雇うことができる。」として企業経営のフラット化
(だか何だか知らないが)を推し進めてきました。

デジタル化、アウトソーシング化、オートメーション
化をいち早く提唱していたのは誰だったか。(MBAで
有名なO.Kさんもそのひとりじゃないの?)

それは兎も角としてこの冷凍食品の輸入量は「この十
年で三倍に増え、そのうちの六割(20万トン)が中
国製」だというから驚きです。
更にこの日本から飛行機でわずかに2時間という
距離に日本企業280社が拠点を置いているというから
中国依存度は相当なものです。

思えば手軽なTシャツなどを買おうと身近なショップ
店へ行くと最近、どの衣類にも中国製のタグが付けら
れていて日本製を探すほうが大変です。
衣類だけじゃありません。先日はニトリで買った
土鍋や、パナマの中国製咳止め100人死亡、などが
まだ耳に新しい出来事です。
一体どんな国や~とばかりに全く信じられない話です


以前世界遺産の屋久島を取り上げた番組があり、その
中で「最近、屋久島杉の何本かが赤く枯れてその原因
を調べたところ酸性雨によるものらしく、雨の中に混
じる成分を調べると大量の粉塵が発見され、空気の対
流などから辿ってみると、粉塵は北京や天津といった
中国の大都市から流れてきていることが分かった」
そうです。

あの樹齢何千年もの屋久島杉が枯れるということは
相当な危機感を持って対処しなければならない事柄
なのではないでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック