やっぱり気になるニュース

金融工学の粋を集めて理論的に行われたローン
証券化でしたが、もろくも妄想に終わりましたね。

理論という船が架空のマーケットという海を航海
するうちに市場原理主義の横行はマネーを暴走させ、
世界のフロー変化をもたらしてしまいました。
新たな規制が必要だと言われる昨今、日本経済の
脆弱さを今後どのように克服して行くべきなのでしょ
うか。
対処療法ではなく本来の金利の正常化が望まれる
今日この頃です。

さて、悲観論としては次の2つが気になります。

①SARS(サーズ)人から人へ初感染
中国だけでなく、インドネシアやタイ、
ベトナムでも確認されているヒトーヒト感染。
因みにエイズワクチンが今年誕生する、とか。

②ドル崩壊
これについては多くのエコノミストとかアナリスト
が予測しているのですが、それ以外にCNNが
こんなNewsを流したという話もあります。
ユーロにならって米国とカナダ、それにメキシコ
が一体となって北米経済圏をつくる構想がある
という話です。
すでにイランでは米国ドルは通貨としては使用
が禁止されているし、イランとの石油取引の
決済通貨としても米国ドルは認められなくなり
ます。これが米国が借金をゼロにする
「クラッシュ・プログラム」の実態で、
ドルが崩壊すると何処がデフォルトするかは
すぐに分かりますよね。

楽観論としては
①北京オリンピック。
オリンピックが終わって金融の引き締め政策
が行われるだろうが元の切り上げも行われる。
②今後米国経済のリセッションが本格化すると
石油需要は減少し、石油価格は下落する。
アメリカ経済のリセッションにより、中国からは
商品、インドからはサービスをこれまでと同じ
ペースでは買わなくなる。だから2008年は
原油価格は75ドル程度で落ち着くだろうと
予測する商品ブローカーもいる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【イラン】についてのお得なブログリンク集

    Excerpt: イラン に関する最新のブログ検索の結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報を集めてみると… Weblog: 旬なキーワードでお得なブログのリンク集 racked: 2008-01-11 20:32