酒とバラの日々

オスカー・ピーターソンさん死去ジャズピアノの巨匠

ジャズピアノ界の巨匠、オスカー・ピーターソンさん
が23日、腎不全のため、カナダ・トロント郊外の自
宅で死去した。82歳だった。
http://www.asahi.com/obituaries/update/1225/TKY200712250037.html?ref=rss

オスカーピーターソンさんも遂に亡くなったのですね。
ジャズを知らない人でもピーターソントリオの演奏を
聴かない人は居ないだろうと思われるほど大衆化し
ていました。彼の演奏からジャズを知り、ピータソン
によってジャズの限界を知ったと言っても良い程に
その卓越したテクニックと軽やかなドライブ感は誰も
が真似できるプレイではありませんでした。
初めて私が採譜した曲も「WeGetRequwest」から
TheDaysOfWine&Rosesでした。その後Peopleや
TheGirlfromIpanemaなども採譜しましたが手が大き
くてピーターソンが演奏するようには演奏できません
でした。ラフマニノフとかピーターソンは大柄な人だ、
といつも思っていたものです。

近年、ピーターソンが絶賛したという日本のピアニス
ト上原ひろみさんの演奏を聴く度に「確かに音数はピ
ーターソンに負けていない」と彼女のピアノの巧さに
驚き、彼を超えるピアニストが現れたことに時代の変
遷を感じておりました。しかし、彼の演奏スタイルに
は新しいとか古いというファッション性があるのではな
く、天才の持つ彼独自の芸術性と恒久性が備わって
いたと思っています。あの軽やかなコロラテューラの
ようなコロコロ転がるピアノの響きは永久に輝き続け
ることでしょう。。。。。お疲れ様でした。

「WeGetRequest」
レーベル:VERVE
レコード会社:POLYDOR
レコード番号:MV 2050
録音日:1961
リーダー:オスカー・ピーターソン(p)トリオ
メンバー:レイ・ブラウン(b)エド・シグペン
(df)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック