万能細胞

京大チームが先陣を切ったiPS細胞の研究を
海外が追い上げ、競争が激化している。


米の研究チームが、体細胞から作られる万能(iPS)細胞で、
病気に関連する遺伝子の組み換えを行い、
貧血のマウスの症状改善に成功したと12月7日に発表。
発がんリスクを下げるため、新方式でiPS細胞を作製したという

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071207-00000081-san-soci

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック