解約

私の友人でシティバンクを解約した人がいます。 すっごく大変だったらしい。 

シティバンクというのは確か日本に出来た頃、手数料がかからないとか、マルチマネー口座や、オンライン取引などあったりして当時としてはなかなかユニークな銀行だったように思います。
その友人は以前為替の取引をやっていた時、自分が提示する金額よりも 多くのドルがその担当によって買われている事に気づき 吃驚したそうです。 そりゃあ驚くよ。 そういえばコンプライアンス違反でシティ業務一部停止になった事がありますもの。 最近は手数料無料やネット取引は珍しくもなくシティとしての価値は余り無いのじゃないの?と私が話すとその友人は「そうなの、それで解約しようと思ったのだけれど それがまた大変だったのよ」との事。

都市銀とは違い 至る所に支店が点在しているというわけではないようなので、システムとしては、まずは専用のダイヤルでパスワード、暗証番号等を入力し、やっとの事で係りの人間に話が出来るらしいのです。そして音声ガイダンスに従い 「あれを押せ」だの「これを入力しろ」だの「そっちへ電話しろ」だのと 面倒くさい作業が重なり、気の短い人ならこの段階で嫌になってしまうそうです。
そして、やっと人間に話しが出来たと思ったら 解約は電話で承る事が出来ないと言われ、書類を送ってもらったそうですが、届いてみると、これまたサインだの、印鑑だの、変更が有る場合は別の用紙に変更の申し出をしてから解約書類を埋め、返送しろだの、矢鱈色々な要求が有るらしいのです。 そして、その友人はサイン認証であった為サインを用いたそうなのですが、これまた不備扱いでその解約書類が戻って来らしく、「一体何処のサインが違うのよ」 とばかりに、というか、自分で書いているサインなのだから良いのでは、と思ったらしいのです。

しかし、これまた本人確認とかで、またまた次の書類を要求され、ついにメゲて、再度係りの人間が出るまでの電話作業を再び行ったそうです。
お金が絡む事なのでその友人は だんだんと自分のお金が果たして戻って来るのかが心配になって来たそうです。
仕方なくカードでの引き出しに切り替えたのですが、その後引き出す時にも、またまたまたネックがあって、一度に引き出せる金額が限られている上に、引き出す度に一旦手数料がひかれ翌日にその手数料が戻されるというシステムになっているために、その作業を毎日残高が無くなるまで行ったという大変な思いをたそうです。端数は勿論解約手数料だというので戻っては来なかったそうです。

加入は簡単だけれど、解約は面倒くさい、という所はそれなりに儲けているのかもしれませんよね。 ま、セキュリティの問題も有るのでしょうが、しかし、この解約手数料って、携帯電話会社など何処でも取るのだけれど、担当の人に聞いても今ひとつ納得のいく回答が帰って来たためしはありませんよね。 あ~、疲れた!(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック