Cooking Harmony

アクセスカウンタ

zoom RSS 今更シリーズ17---◇金融CSR(プロセスにおける意識)

<<   作成日時 : 2010/11/13 07:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

金融機関であっても一般の事業会社同様に「企業経営のあり方」
を問い、社会に責任ある経営活動を行わなければならない。
こうした意味を踏まえ「『金融CSR』と表現し、金融機関の
本業そのものにおける基本的なCSRを確立していくこと」が
必要とされている。

具体的には、これまでの不祥事を踏まえ、基本的なコンプライ
アンス強化と共に内部統制、コーポレートガバナンスのシステ
ムを確立していくことが中心となる。そのプロセスにおいてE
(環境)・S(社会)・G(ガバナンス)への評価を含んだ取り組
みを行うことが期待されるのだが、特に、内部統制を根底に人
的資源を重要視することが望まれている。

また、倫理性を生み出し、CSRの本質と結び付き、企業の特異
性を発揮して行こうとする意識も同様である。こうしたプロセ
スをふまえ「金融業の事業特性を踏まえた統治的・社会的(顧
客や従業員を含む)・環境的課題への配慮を考慮したCSRを確
立しようとする概念が意識され、これを『金融CSR』と定義」
(2007川村)づけている。

さらに、2007年ニッセイ基礎研「金融CSR」の報告書の中で
も、社会に対しての責任ある経営としての基準に、環境問題の
みならず企業統治として、企業倫理や内部統制の項目も含まれ
ている。これまでの「CSR」は、まず第一に環境問題に着手し、
CSR活動として満足していたわけである。

しかし、これは環境問題が定量的基準での結果を出しやすく、
企業としては最もリスクの少ないCSR経営であろうと考えられ
ていたからである。また、雇用問題や機会均等などは日本の企
業においては労働組合(ユニオン)が携わってきた問題であり、
CSRの領域として捉えられる課題ではないと考えられていた。

しかし、今後、企業の内部的課題に「金融CSR」としての明確
な指針と理念を示している点は、これからのCSRを考える上で
重要である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Powered by Podcastリスティング
今更シリーズ17---◇金融CSR(プロセスにおける意識) Cooking Harmony/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる